過剰摂取

胎児や乳児に欠かせないアラキドン酸

胎児や乳児はまだ免疫力がなく、すぐに病気にかかったりと、育てていく上で一番神経を使用する時期なのですが、そんな赤ちゃんたちの免疫力をサポートしてくれる役目として注目されているのがアラキドン酸という生体調整ホルモンを分泌してくれる成分になります。
アラキドン酸は食べ物からと、サプリメントから摂取する事が一般的とされている魅力的な成分なのですが、胎児や乳児の場合はどちらの方法でも対応できない状態になると思うのですが、それぞれで対応できる方法があります。
まずは胎児の場合ですが、胎児の場合はまだお腹の中にいる状態なので、お母さんがしっかりこのアラキドン酸の成分を含んでいる食べ物を摂る事やサプリメントを摂る事で、栄養分を胎児に送るという事で対応する事が出来ます。

乳児の場合は、まだ離乳食が食べれないので、粉ミルクに混ぜるなどして摂取する方法で摂取させることが出来るので、この対応で魅力的なアラキドン酸を体内に取り入れる事が出来るようになります。
胎児か乳児で対応の仕方が違いますが、どちらの場合でもアラキドン酸の成分を摂る事は出来るようになっているので、対応できる方法で対応して、乳児でも胎児でも元気よく成長できるように対応していくことをお勧めします。

このページの先頭へ