過剰摂取

アラキドン酸の過剰摂取について

アラキドン酸は生体調整ホルモンの材料となるプロスタグランジンを体内に取り入れてくれるので、体内の機能を正常にする事ができ、さらに向上させる効果を出す事が出来る存在として知られているのですが、心配なのは過剰摂取なのです。
アラキドン酸を必要以上に摂取してしまうと体内にプロスタグランジンが多く分泌されるので、生体調整ホルモンの働きが活発になり過ぎて、逆に体の機能のバランスを崩してしまい、体が本来持っている機能のバランスを崩してしまうのです。
これがアラキドン酸を過剰摂取して起こるとされる症状なのですが、この症状が起こってしまうと健康になるために摂取していたアラキドン酸も逆効果になってしまう傾向にあり、健康的な体の機能を維持する事が出来ないのです。
とくにサプリメントタイプのアラキドン酸http://arachidonic-acid.com/torisugityuui.htmlは簡単に摂取できてしまうためついつい多めに摂ってしまう方がいるようです。


そのため大腸ガンや前立腺ガンや皮膚ガンや動脈硬化やアレルギー性湿疹やアトピー性皮膚炎などの症状が出てくるので、生活に支障が出てくる環境を作成してしまうという結果になってしまうのです。
そうならないためにはアラキドン酸の過剰摂取をしないように、摂取する時に配合されている分量をしっかり把握して体に必要以上のアラキドン酸が摂りこまれないように対応する事が重要なのです。


↑こちらではアラキドン酸サプリメントの上手な摂り方について解説されています。
過剰摂取にならないように適量を毎日摂っていきましょう。

このページの先頭へ